相模原市の外壁塗装・屋根塗装はリ・フォーユーへ【地域密着54年】

専門家コラム

相模原市で外壁塗装を検討中の方必見!色を選ぶときのポイントをご紹介します

2018年12月04日

おうちの印象を大きく左右する外壁塗装、それだけに色選びは慎重に行いたいですね。
色というのは、人間の心理に大きく左右し、色彩が与える印象を活用する視覚効果が存在するほどです。
今回は、外壁塗装の色を選ぶうえで、光の当たり方で見え方が変わったり、汚れの目立ち方といった重要なポイントをご紹介していきます。

 

□人気の色

外観が非常にきれいに見える白や黒の単色は、実は汚れが目立ちやすいため、外壁としてはあまりおすすめできません。
また、赤や青などの濃い原色は経年劣化で色が薄くなっていくため、古びた印象になってしまう傾向があります。
外壁はそんなに頻繁に塗装するわけではなく、何十年と付き合っていかなければなりません。
そのため、塗装してすぐは満足いく仕上がりだとしても、経年劣化とともに確実に汚れがついてしまううえに、塗装の効果が失われつつある時期のが長くなります。
そのため、なるべく汚れが目立ちにくい色にすることをおすすめします。
そこで、外壁塗装に人気な色がニュートラルホワイト、ミッドビスケットといった白に近い色であり、真っ白ではないため汚れが目立ちにくい色になっています。
それらの外壁に合わせた屋根の色としては黒系や濃い茶系、または深い緑や青が人気です。
外壁の色味が若干違うのに合わせた屋根の色もカスタマイズ方法は、可能性は無限大です。

 

□光の当たり方で変わる色

色見本を参考に外壁を選ぶ際に気を付けてほしいのが、太陽光、蛍光灯、白熱灯といった光源の種類の違いによって印象が大きく異なることです。
黄色っぽかったり、白っぽかったりする光源の下で色を選んだところで、外壁を見る場面は太陽光の下だけです。
可能な限り直接試し塗してもらったり、屋外で見たりすることで実際に近い状況で確認してみることをおすすめします。

 

□おすすめする色選びの方法

外壁塗装の色を選ぶ際のおすすめ方法は、なんといってもたくさんの事例を実際に見てみるということです。
業者さんのホームページを見たり直接問い合わせたりするのももちろん良い方法ではありますが、周辺の家の色を見てみるのがいちばん身近な方法です。
周りの外観になじんでいる家というのは、意外に目立たたず、調和が取れていることになるでしょう。
個性を主張することはとても良いことですが、あまりにも目立ちすぎてしまうような色を選ぶことは、避けたほうが無難と言えます。
また、実際の家を晴れている日だけでなく雨の日も観察してみると、印象が随分と変わります。
その変化を、近くの家から観察して学び取ることで、最高の色選びに近づけるのではないでしょうか。

 

□まとめ

好きな洋服を選ぶようには、うまくいかない外壁塗装ですが、信頼できる業者さんとじっくり話し合うことが満足いく仕上がりにするための近道です。
相模原で外壁塗装をお考えの方は、地域密着で、丁寧・まじめな作業に定評のある自社職人塗装の体制が整っている「リ・フォーユー」にぜひご連絡ください。
お客様宅の症状診断とヒアリングに伺わせていただきます。

 
電話 無料お見積りはこちら