相模原市の外壁塗装・屋根塗装はリ・フォーユーへ【地域密着54年】

専門家コラム

相模原市で外壁リフォームを行いたい方へ!防水塗料について紹介します!

2019年10月12日

「外壁塗装やリフォームに使用される防水塗料について知りたい」
「塗料の防水性能について知りたい」
と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、相模原市の方に向けて、防水塗料の必要性、原材料、種類についてご紹介します。

 

□防水機能の必要性とは?相模原市付近でリフォームをお考えの方必見!

住宅が劣化する一番の要因は水の浸入です。
住宅のダメージが蓄積すると、ひび割れを起こします。
そのひび割れから住宅に水が浸入することで、柱や梁等の構造材が腐るため、住宅の寿命が縮まります。
このようなことが起こらないように、防水塗料の防水性が住宅を守っています。

 

□防水塗料の主原料

 

*合成樹脂

合成樹脂とは、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素樹脂などの人工的に作られた有機化合物を原料とする樹脂です。

 

*セラミック

セラミックとは、陶磁器全般を言います。
他の塗料に比べて、耐久性と耐熱性に優れています。
断熱塗料のほとんどはセラミック塗料です。

 

*断熱塗料

断熱塗料を屋根や外壁に施すことで、太陽光を反射して室温を下げられます。

 

*乾性油

乾性油は、他の油脂に比べて、ペイント後にすぐに乾きます。

 

□防水塗料の種類

 

*FRP

FRPとは、強化繊維プラスチックのことであり、表面がガラスのような仕上がりのものです。
耐用年数は10~13年程度で、相場は5000~8000円程度です。
メリットは、乾燥が早くて工期が短いことと、熱や傷に強くて耐久性が高いことです。
デメリットは、価格が高いことと、塗膜が硬いため地震でひび割れになりやすいことです。
ガラスのような光沢があるため、防水塗装をきれいな仕上がりにしたい方におすすめします。

 

*ウレタン

ウレタン防水とは、液体のウレタン樹脂を重ね塗りする手法です。
耐用年数は10~13年程度で、相場は4000~7000円程度です。
メリットは、価格が安いことと、他の防水塗料の上からでも重ね塗りができることです。
デメリットは、ムラができやすく完全に均一な面にできないことです。
費用を抑えたい方におすすめします。

 

□まとめ

今回は、相模原市の方に向けて、防水塗料の必要性、原材料、種類についてご紹介しました。
防水機能は住宅にとって欠かせないため、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、相模原市とその近郊で塗り替え工事をしているリフォーム店です。
事前に建物の現状を診断し、要望をくわしくお聞きし、プランをご提案します。
そして、お客様が「当社になら安心して工事を任せたい」と感じてくださるように、全力を尽くします。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 
電話 無料お見積りはこちら