相模原市の外壁塗装・屋根塗装はリ・フォーユーへ【地域密着54年】

専門家コラム

外壁リフォームで使用される遮熱塗料のメリットとは?

2019年10月20日

「外壁リフォームで使用される遮熱塗料について知りたい」
「遮熱性が上がることへのメリットを知りたい」
と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、外壁リフォームを行う方に向けて、遮熱性のメリットや遮熱塗料についてご紹介します。

 

□相模原市でリフォームをお考えの方へ!遮熱塗料とは?

遮熱塗料とは、一般的な塗料に比べて太陽光を反射する力の強い塗料のことです。
正式名称は、「高日射反射率塗料」です。
2011年に日本塗料工業会によって工業規格が定められています。
遮熱塗料は樹脂にセラミックを配合することや特殊な顔料を混ぜ合わせることで作られています。
そのため、近赤外線領域と呼ばれる光線の大部分を反射する力を持っています。
屋根材に届く光エネルギーを大幅に減らせます。

 

□遮熱塗料と断熱塗料の違いとは?

遮熱塗料は、太陽光を反射する性能に優れた塗料です。
素地が熱を吸収しないように太陽光を反射することで、屋根の温度上昇を防げます。
それにより、快適な室温に保てます。
主に夏場に効果的です。
一方で断熱塗料は、熱を伝えにくくする性能に優れた塗料です。
熱を反射しない代わりに熱をためこみ、室内に伝わらないようにします。
つまり、熱伝導率が低い塗料です。
主に冬場に効果的です。

 

□遮熱塗料のメリット

 

*屋根の表面温度が最大で20度以下

遮熱塗料を使った屋根の表面温度が最大で20度低下したというデータがあります。
あくまで表面温度の話なので、室温ではありません。
しかし、室温低下の効果も期待できると言われています。

 

*室内温度は約3度の低下で約15%の節電効果が期待できる

遮熱塗料の実験で、室内温度が約3度低下し、約15%の節電効果が計測されています。
冷房費用の節約に役立つと言えるでしょう。

 

*ヒートアイランド対策に役立つ

遮熱塗料は太陽光を反射して、熱自体の発生を抑制します。
そのため、都市部の気温が上がるヒートアイランド現象の対策ができるのです。
所属する自治体によっては、遮熱塗料を扱う工事を行うことで補助金や助成金を受け取れる可能性があります。

 

□まとめ

今回は、外壁リフォームを行う方に向けて、遮熱性のメリットや遮熱塗料についてご紹介しました。
当社は、相模原市とその近郊で塗り替え工事をしているリフォーム店です。
事前に建物の現状を診断し、要望をくわしくお聞きし、プランをご提案します。
そして、お客様が「当社になら安心して工事を任せたい」と感じてくださるように、全力を尽くします。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 
電話 無料お見積りはこちら