相模原市の外壁塗装・屋根塗装はリ・フォーユーへ【地域密着54年】

専門家コラム

外壁のひび割れを放置するとどうなるの?相模原の外壁塗装の専門家がお教えします!

2020年01月17日

「よく見ると、外壁にひび割れがあった」
「ひび割れがあっても、しばらくは放置して大丈夫?」
外壁にひび割れがあっても、小さいので放置しているという方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装するときにまとめて修復してもらおうとしている方もおられるかもしれません。
しかし、ひび割れの種類によっては深刻な問題に発展するので、見分ける必要があります。
また、ひび割れの原因は単に塗装から時間が経っているからとは限りません。
家の耐久度に関わることですから、詳しく知っておきたいですよね。
そこで今回は、ひび割れの種類や原因、放置するとどうなるかについて相模原の外壁塗装の専門家がご紹介します。

 

□ひび割れを放置するとどうなるか

ひび割れはそれ自体ではなく、そこから入る雨水によって家の耐久性に影響します。
ひび割れの深さが浅い場合は塗装のし直しで対処できますし、すぐに直す必要はありません。
しかし、深いひび割れは放置すると中の構造材が腐食して非常に危険です。
可能であれば、定期的にひび割れの点検を依頼してください。
また、ひび割れの向きも重要で、縦方向より横方向の方が雨水がたまりやすいため危険です。

 

□ひび割れの種類

*ヘアクラック

ヘアクラックは、乾燥が原因で生じるひび割れです。
外気が乾燥していると、表面が収縮し、そのときに亀裂が入る形でできます。
ひび割れは下地まで届いておらず、塗装をし直すことで埋まります。
家の耐久性などに影響することは無いですが、一見小さなひび割れでもこのヘアクラックとは限りません。
普通に見るだけでは深さなどは分からないので、調べてもらうと良いでしょう。

*構造クラック

家の構造が影響してできるひび割れです。
地震など災害時に家の内側から負荷がかかると、この構造クラックが生じてしまします。
家が傾いていても負荷がかかりひび割れてしまいます。
建てたときは傾いていなくても、液状化などで徐々に傾いている場合もあります。
こちらは基本的に深いひび割れなので注意してください。

 

□ひび割れの原因

*災害

上で紹介したように地震や台風でひび割れができます。
災害後はひび割れの点検を依頼するとリスクがかなり減らせます。
目で見て小さなひび割れでも深くまで届いている場合があるので自分で判断しないようにしましょう。

*経年劣化

塗料などが経年劣化してもひび割れができます。
ひび割れの原因の多くはこれです。
目安として、十年に一回は外壁塗装のやり直しを検討してください。

 

□まとめ

今回は、外壁のひび割れについてご紹介しました。
当社では、外壁塗装についてのご相談を随時受け付けております。
外壁塗装の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

 
電話 無料お見積りはこちら