相模原市の外壁塗装・屋根塗装はリ・フォーユーへ【地域密着54年】

専門家コラム

相模原の専門家が外壁塗装中の雨の影響について解説します!

2020年02月22日

「外壁塗装の工事の雨の影響について知りたい。」
「雨天時に気をつけるべきことや、外壁塗装に適切な季節を知りたい。」
このような考えの方は多いのではないでしょうか?
外壁塗装をする上で、雨の影響が気になる方は多いと思います。
今回は、外壁塗装中の雨の影響について説明します。

 

□相模原の専門家が外壁塗装中の雨の影響について

一般的に、雨の日に外壁塗装の工事はできないと言われています。
雨の日に外壁塗装ができない理由は、塗料に雨水が混ざったり、塗料の効果が薄まったり、湿気で塗料が乾いたりしてしまうからである。
塗料に雨水が混ざると、塗料と外壁の密着度が低くなるので、塗装がきれいに仕上がりません。
また、外壁塗装に使われる塗料に含まれる合成樹脂は、必ずシンナーか水で薄めなければなりません。
その際に注意すべきことは希釈率です。
それぞれの塗料で合成樹脂を薄める割合が定められており、この希釈率を満たすことで塗料の性能や効果が十分に発揮されます。
しかし、雨水が混ざると効果が薄まり、効果を十分に発揮できないので、通常よりも劣化が早くなり塗料が長持ちしません。
加えて、湿気の影響で塗料が乾きづらくなります。
塗装をする前に外壁の下地処理をしますが、その時に外壁の水分を十分に蒸発させてから塗装をしなければ、塗装と外壁の間に空気の層ができます。
その空気の層が、気温が上がった時に気化し、外壁の表面から空気が逃げるので見栄えが悪くなります。
それが原因でひび割れができ、そのひび割れから塗料の劣化が徐々に広がっていくので、塗装前の準備が非常に大切です。
壁が水分を含んでいない状態にしてから塗装することを心がける必要があります。

 

□外壁塗装の際に注意すべき天気について

*外壁塗装の前に雨が降りそうな時、雨が降ってしまった時

養生シートで塗装をする部分を覆っておくと良いでしょう。
そうすれば、雨が止み次第作業を再開できますし、塗装部分に水滴がつくのを防げます。
なるべく作業を一からやり直すことを少なくするためにも、事前に天候を確認してからきりがいいところで作業を中断しておくと良いでしょう。

*外壁塗装の途中で雨が降ってしまった時

作業の途中で雨が降ってきた場合は、雨の量で塗装を中止するかどうかを判断します。
最近では雨天時でも使用できる塗料の開発が進んでいるので、そのまま作業を行うことも可能でしょう。
一方で、途中で土砂降りになることもあるので、あまりにも降雨量が多い、あるいは長時間降り続ける場合は最初から塗装し直す必要があります。
通常の塗料が完全に乾くのは数時間かかりますし、冬場は特に時間がかかると言われています。
また、雨天だけでなく、朝露や夜露も乾燥を阻むので、天気だけでなく季節や湿度も考慮する必要があります。

*外壁塗装後に雨が降ってしまった時

外壁塗装の作業の段階でかなり左右されます。
既に乾燥しきっていた場合は問題ありませんが、そうでなかった場合ははやり直すことが多いでしょう。
しかし、塗装してから一時間以上経っている場合は雨が降ってもそこまで問題にはならないので、心配しすぎる必要はありません。

 

□業者を選ぶ際に確認しておくべきこと

業者選びはきちんと行う必要があるので、雨が降った時にどのような対応をとるのかを事前に聞いておくべきです。
雨天時でも業者が塗装を強行した場合は保証期間の延長を交渉することをおすすめします。
雨天時に無理に作業をすると、塗料が十分に外壁に密着しないので、はがれやすくなります。
塗装の質も下がりますし、塗料の金額が高い場合は特に支払う意味がなくなってしまいます。
業者も判断をする以上、問題ないと考えた上で作業を行っているはずですが、契約をする際に雨天時の作業強行の対処法について話し合うべきです。
住んでいる地域の天候や特徴を踏まえた上で、業者との施行スケジュールの決定を進めてください。

 

□外壁塗装におすすめの時期について

外壁塗装のおすすめの時期は春と秋です。
なぜなら、一年の中で最も湿度の低い時期だからです。
適さない状況は気温が五度以下で、湿度が八十パーセント以上です。
加えて、雨だけでなく雪や結露も塗装の乾燥を妨げるので、寒い地域は特に比較的温暖な季節を選ぶ必要があります。
また、気温が高すぎる夏だと、乾燥するまでに塗料の気泡が弾けるので見栄えが悪くなります。
一方で、住んでいる地域によって日射量が異なるので、日射量が多く、なおかつ暑すぎない初夏もおすすめです。
適切な乾燥時間はそれぞれの塗料のメーカーが指定しているものに沿って、塗装してください。

 

□まとめ

今回は相模原の専門家が外壁塗装中の雨の影響について説明しました。
外壁塗装の際は天候や季節の外的要因が大きく関係しているので、施工日を決める前に考慮する必要があります。
また、雨天時の工事に関しては契約の際に事前に確認しておきましょう。
相模原市付近にお住まいの方でお悩みの方は是非当社にご相談ください。

 
電話 無料お見積りはこちら