相模原市の外壁塗装・屋根塗装はリ・フォーユーへ【地域密着54年】

専門家コラム

相模原市で外壁塗装をお考えの方向けに塗り替えをするべき時期について解説します

2020年03月08日

「外壁塗装の施工ってだいたいどれくらいかかるの?」
「外壁塗装の作業ごとにかかる期間が知りたい!」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装の工事にかかる期間を把握しておくことは、施工前の挨拶回りや施工中の生活の準備がスムーズに行えることに繋がります。
そこで今回は、外壁塗装の工事期間について解説します。

□外壁塗装に要する平均的な工事期間

*外壁塗装にかかる平均的な工事期間は約2週間

一般的な戸建てにおける外壁塗装の場合、晴れの日が続くことにより施工がスムーズに進めば10日間ほどで施工が終了します。
しかし雨など天候が原因で、施工に危険が及ぶため作業できない場合があります。
同様に、実施できる作業が限られることにより施工がスケジュール通り行われない場合が多いです。

外壁塗装において下地を乾燥させる工程は非常に重要です。
下地が十分に乾燥していな状態で重ね塗りを施すと、塗料本来の効果が発揮されず、すぐにひび割れが起きてしまいます。
また耐久性が落ちてしまう可能性があるため、塗料に雨水が混ざるのを防ぐ必要があるでしょう。
そのため、外壁塗装を依頼された業者は天気予報を基に、工事のスケジュールを立てます。

雨の日と同様に、強い風が吹いている日も外壁塗装に向いていません。
外壁塗装の施工中に、塗料にホコリなどが混ざってしまう可能性があります。
塗料が飛び散ってしまう可能性が増えることも容易に想像できるでしょう。
これらのことを加味すると、外壁塗装にかかる平均的な工事期間は目安として2週間と考えておくのが良いでしょう

また、忙しいなどの理由から工事期間をできるだけ短くしたい方も多いでしょう。
外壁塗装の工事にかかる期間を短くする方法は、より多くの職人に作業してもらうことです。
特に屋根など外壁以外の部分の塗装も同時に依頼した際に効果的な方法です。
しかし外壁塗装業者が忙しい時期は、職人の人数が限られている場合があります。

そのため、外壁塗装業者が忙しくない12月などに工事の依頼をすると工事期間を短くできる可能性が高まるでしょう。
また職人の数が増えると人件費も増えるため、外壁塗装にかかる費用が高くなることは覚えておきましょう。

□作業工程別の工事期間

外壁塗装の平均的な工事期間を把握した上で、作業工程別にかかる期間について知りたい方も多いのではないでしょうか。
比較的騒音が発生しやすい作業や、塗料が飛び散りやすい作業の期間を把握しておくと、近隣住民から苦情の対策ができます。
作業工程別の工事期間を、簡単な作業内容とともに紹介します。

*挨拶回りや足場の組み立てに要する期間

外壁塗装において、塗料の飛び散りや臭い、工事中の騒音が原因で近隣住民とトラブルに発展するケースはよく見受けられます。
トラブルを防ぐためには外壁塗装の工事が始まる前に、近隣住民への挨拶回りが重要です。
施工期間や内容を明確に伝えるためにも、施工を担当する業者と一緒に挨拶回りをするのがおすすめです。

屋根など高いところを塗装する場合は足場を組み立てる必要があります。
安全かつスムーズに外壁塗装を行うために必要不可欠な工程ですが、作業中に騒音が発生しやすい工程でもあります。
挨拶回りや足場の組み立てはそれぞれ1、2日ほど要する場合が多いです。

足場の設置が終わると外壁のホコリや売汚れを取り除くために洗浄が行われます。
洗浄自体は1日で終わるものの、外壁が乾燥するのを待つ必要があるため、結果として2、3日かかる場合が多いです。

*塗装に要する期間

外壁塗装を実施する前に、外壁の下処理並びに補修を行う必要があります。
一般には1日で終わるものの、外壁の状態によっては補修が数日間に及ぶ場合もあります。
外壁の補修が万全でなければ、塗料がうまく外壁に塗布されず、たとえいい塗料を用いたとしてもひび割れなどのトラブルに繋がる可能性が高いです。
そのため外壁の下処理を雑に行う業者や、そもそもスケジュールに含まない業者には注意しましょう。

半日ほどかけて塗料の飛び散りに備えてビニールシートなどで周辺を保護したら、いよいよ塗料を外壁に塗りつける作業です。
外壁塗装は、塗料を3度に分けて重ね塗りするのが一般的です。
下塗り、中塗り、上塗りと呼ばれる工程をそれぞれ1日ずつかけて行います。
しかし壁の種類によって下塗りを複数回行う場合もあることは覚えておくと良いでしょう。

また、中塗りが完全に乾くのを待ってから上塗りを施しているかどうかを確認するのも重要です。
業者の中には、施工期間を短くするために中塗りが乾いていないのにも関わらず、上塗りを始めてしまう業者もいます。
中塗りが乾いていない状態で上塗りをしてしまうと、仕上がりが悪くなる可能性が高いです。

*点検や片付けに要する期間

複数回に及ぶ塗装が終わると、職人による点検・手直しが施されたあと、依頼主との点検が行われます。
点検の際に見落としやすいポイントなどを事前にメモしておくのが良いでしょう。
点検が終われば、足場を撤収し周辺を掃除して施工は終了します。
点検や片付けはそれぞれ1日で終わる場合がほとんどです。

□まとめ

今回は、外壁塗装の工事期間について解説しました。
外壁塗装の際は、この記事を参考に工事期間の予定を立ててみてはいかがですか。
当社は相模原を中心に外壁塗装工事を承る、創業50年を越えるリフォーム業者です。
経験豊富な職人がお客様との綿密な相談の基、丁寧な仕上がりを提供します。

 
電話 無料お見積りはこちら