相模原市の外壁塗装・屋根塗装はリ・フォーユーへ【地域密着54年】

専門家コラム

相撲原で外壁塗装を検討されている方へ!外壁塗装時の臭いについて解説します!

2020年10月15日

「外壁塗装をすると臭いが気になる」、「外壁塗装の臭いって体に悪いのでは」
このように疑問に思っている方もいらっしゃると思います。
特に外壁塗装を検討している方は不安になりますよね。
そこで今回は外壁塗装時の臭いについて説明します。
相撲原で外壁塗装を考えていらっしゃる方はぜひご覧ください。

□塗料の臭いの原因について

外壁塗装と聞くときつい臭いをイメージされる方もいらっしゃると思います。
独特な臭いであるため、苦手意識を持っている方も多いです。
なぜあのような臭いが発生するのでしょうか。
以下でその原因を見ていきましょう。

臭いの原因は塗料に含まれている有機溶剤と言われています。
有機溶剤とは様々なものを溶かす有機化合物のことを指しています。
塗装以外にも製品の製造でも使われているでしょう。

この塗料に含まれる有機溶剤の1つにシンナーが挙げられます。
有機溶剤よりもシンナーという言葉の方を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
シンナーはマジックのインクにも含まれているため、似たような臭いがします。

それではなぜ、わざわざ臭いのする有機溶剤を使用するのでしょうか。
理由は有機溶剤を使用した塗料は耐久性が高いからです。

外壁塗装は住宅の外観を美しく保つためだけに行うものではありません。
雨や紫外線、風などによる住宅への被害を抑える役割もあります。
もし、塗装後すぐに住宅を守る効果がなくなると、住宅が被害を受け、ボロボロになる可能性があるでしょう。
そのため、塗料の耐久性が非常に大切になります。

この有機溶剤が多く使われている塗料を油性塗料と呼びます。
塗料はそのままの状態では硬くて塗りにくいです。
そのため、他の液体で薄めて使うことが大半でしょう。

その際に有機溶剤を使うことで油性塗料になります。
塗料の効果を最大限に発揮するために使用されることが多いでしょう。

一方、塗料を薄める際に水を使用すると水性塗料になります。
シンナーのような臭いが少ないため、安全性は高いでしょう。
しかし、どの塗料にも少しずつシンナーが含まれているため、完全に臭いが消えていることは少ないです。

□どのような影響があるのか説明

上記では塗料の臭いの原因について説明しました。
外壁塗装の効果を向上させるために使われていた有機溶剤が原因であるとお分かりいただけたと思います。
この臭いは嗅いだ人に影響を与えるのでしょうか。

シンナーを吸ってしまうと、健康被害を訴える方もいらっしゃいます。
以下でその健康被害の一例を見ていきましょう。

塗料の臭いによる健康被害は多岐に渡ると言われています。
目や鼻、口などの粘膜系ではかゆみが起こる可能性があります。
呼吸器では咳やくしゃみに繋がる恐れがあるでしょう。
また、筋肉や関節も痛んだり凝ったりします。

さらに、臭いは身体の面だけではなく、精神面にも影響を及ぼす可能性があります。
不安や焦燥感に襲われたり、不眠に陥ったりする方もいらっしゃいます。
さらに、集中力や記憶力の低下が起こる場合もあり、勉学や仕事に支障を来すでしょう。
さらに重症になると、幻覚や妄想にとらわれる可能性もあります。

塗料の成分にアレルギーがあると、このような症状に悩まされるでしょう。
例え、臭いがあまりきつくないものでも、敏感な方は過敏に反応してしまいます。

特に、赤ちゃんや妊婦の方がいらっしゃるご家庭では注意が必要です。
赤ちゃんは大人よりも敏感であると言われています。
そのため、大人が耐えられる臭いでも赤ちゃんには悪影響を与えている可能性があるでしょう。
できるだけ臭いの元から赤ちゃんを離すことをおすすめします。

また、妊婦の方の場合、その方自身だけではなく、胎児にも影響が及ぶ場合もあります。

□臭いの対策について

上記では塗料の臭いによる健康被害について説明しました。
様々な箇所に影響が出る可能性が高いため、注意が必要です。
しかし、「塗料の臭いは我慢すれば良いのでは」
このように考えている方もいらっしゃると思います。

しかし、臭いに敏感な方は少しの臭いでも体調が悪くなる可能性があります。
そこで、対策方法を見ていきましょう。

1つ目はマスクを着用することです。
臭いを吸い込むことによって健康被害を受ける可能性は高くなります。
そこで、吸い込む量を減らすことで健康被害に陥る可能性を低くできるでしょう。

マスクは薬局や100円均一ショップで購入できますが、防毒タイプのマスクをするとより効果が高いです。
しかし、1枚あたりの値段が高いため、しっかりと検討する必要があります。

2つ目は肌に付着させないことです。
有機溶剤は口や鼻から体内へ侵入するだけではありません。
有機溶剤は皮膚からも入り込みます。
そのため、外壁塗装をしている場所に近づく場合は長袖や長ズボンを着用し、肌の露出を減らすようにしましょう。

□まとめ

今回は外壁塗装による臭いの原因や影響、対策について説明しました。
油性塗料を扱う場合はより注意する必要があります。
特に赤ちゃんや妊婦の方がいらっしゃるご家庭では対策が必須でしょう。

相撲原で外壁塗装を検討している方はぜひ一度当社へご相談ください。
皆様からのお問い合せを心からお待ちしております。

 
電話 無料お見積りはこちら