相模原市の外壁塗装・屋根塗装はリ・フォーユーへ【地域密着54年】

施工の流れ

リ・フォーユーの塗り替えの流れを詳しくご紹介します。
施工前も実際の施工も、自社で責任を持って対応いたします。

Step.01 施工前

塗り替えのご相談をいただいたら、お客様宅の症状診断とヒヤリングをします。
決して安い買い物ではない塗り替え工事。

予算はできる限り施工品質を高めるところにかけたいとの思いから、専業の営業スタッフは雇わず、代わりに社長の井上がうかがいます。

その後、症状とご希望に合わせて、プランや概算費用をまとめ、お見積書としてご提案します。

お客様が不安や迷いをお持ちの間は、成約を急かすようなことはしませんので、安心してまずはご相談ください。

Step.02 足場着工

高圧洗浄1塗装工事のしやすいしっかりした足場を作り、塗装職人が高いところでも腕をふるえる準備をします。
リ・フォーユーの塗り替えでは、いつも決まった足場専門業者が組み立てます。
他の塗装リフォーム店は自社で足場を組んでいることもありますが、リ・フォーユーでは、1社指定の専門業者と長期的な協力関係を作っていますので、価格の面や工事日数の面でお客様によけいな負担がないようにしています。


Step.03 高圧洗浄

高圧洗浄1
屋根の高圧洗浄
高圧洗浄2
屋根 高圧洗浄前と高圧洗浄後

高圧洗浄は、外壁や屋根など、塗料を塗る部分の汚れやコケを水で勢いよく落とす作業です。
作業をする職人は、しぶきで濡れてしまいますが、だからといって手を抜くと、あとあとになって塗料が剥がれてきたりします。
リ・フォーユーの高圧洗浄機は、最新のトルネード方式ですので、気持ちいいくらい、一気にきれいになります。

Step.04 下地処理/補修

コーキング材の除去と充填
コーキング材の除去と充填
屋根の補修
屋根の補修
年季の入った建物は、壁に亀裂が走っていたり、壁材と壁材のすきまを埋めるコーキング材がボロボロになっていたり、壁材や屋根材の一部が欠落・腐食していたりします。
塗装の大きな役割は建物の屋根や壁を守ることですので、ダメージが入った上から塗っては元も子もありません。
事前にしっかり補修してから塗り替えます。
リ・フォーユーは、木材部分の補修も得意ですので、見積り時に想定していなかった木部ダメージが見つかった時でも、追加費用なしですぐに直せることが多いです。

木部のケレン
木部のケレン


Step.05 養生

養生全面塗装工事の場合でも、窓やドアなど、塗らないところは必ずあります。
塗らない部分に塗料がはみ出したり飛散したりしないよう、テープとビニールでカバーをするのが養生の作業です。
一見、地味な作業ですが、仕上がりを左右するところですので、おろそかにはできません。
リ・フォーユーの職人は、時間がかかっても丁寧な養生をするようにしています


Step.06 下塗り

壁・屋根下塗り
壁・屋根の下塗り
屋根の下塗り
屋根の下塗り
下塗りは、塗料が塗装面にしっかりと接着するよう、下塗り材を塗る作業です。
下塗り材は、このあとの中塗り、上塗りで使う塗料とは違い、顔料(色成分)は入っていません。
リ・フォーユーの職人は、ローラーと刷毛を何種類も使い分けながら、すきまなく塗っていきます。
いたずらに工事の利幅を増やすことばかり考えるのではなく、道具にこだわりと愛着を持って塗るのが職人というものです。

木部下塗り
外壁木部下塗り


Step.07 中塗り

壁中塗り
壁中塗り
3度塗りが基本の外壁塗装・屋根塗装で、2回目の塗装は中塗りといいます。
中塗りと上塗りは同じ色の塗料を2回に分けて重ね塗りします。
こうすることで、ちょうど、寒い日に人間が服を重ね着するのと同じように、塗膜に厚みができ、厳しい外の環境から建物本体を守るのです。
塗料には、主にシリコン系、フッ素系、ウレタン系に分けられますが、耐久性とコストのバランスに優れたシリコン系が現在の主流です。
リ・フォーユーでは、しっかり壁面に食いついて、厚みを出せる高級塗料も取り扱っています。

屋根中塗り
屋根中塗り


Step.08 上塗り

壁上塗り
壁上塗り
3度塗りの最後が上塗りです。
仕上げ塗りともいいます。
塗膜に厚みを持たせつつ、塗りムラや塗り残しがないよう美しく仕上げていきます。
もし、中塗りでお客様のご希望の色と少しずれている場合は、複数の色の塗料を混ぜ合わせて微調整することもあります。

木部・窓サッシ上塗り


Step.09 仕上がりチェック

リ・フォーユーの職人は、プロフェッショナルですがやはり人間です。
当人では気がつかないミスや見落としをしている可能性はゼロではありません。
そこで、塗り残しなどがないか、社長が細かいところまでチェックをしています。
お客様にもしっかりご確認していただきます。
とはいえ、これまでやり直しになったことはほとんどなく、職人はいつもまじめに塗っていますので、ご安心ください。

Step.10 足場ばらし・掃除

長いようで短かった塗装工事も、足場の解体で最終段階です。
せっかくきれいに仕上げた塗装面に足場の部材が当たらないよう、慎重かつ効率的にばらします。
ゴミを残さないよう、お庭などの掃除もしています。
さあ、新築のようにぴかぴかのお家とご対面いただきましょう!

電話 無料お見積りはこちら